脇見恐怖症は他3つの視線恐怖症とどのように症状が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脇見恐怖症は、他者視線恐怖症、自己視線恐怖症、正視恐怖症など数ある視線恐怖症の一種で、目を向けてはいけないと意識したモノに対し視線がいってしまう症状の事を指します。

例えば、脚が綺麗なミニスカートの女性がいたとします。

男なら「ちょっと見てみたい」という気持ちにもなりますが、ジロジロ見てると不審に思われてしまいそうなので、本当は見たくても目を反らす人も多いでしょう。

 

ただ、脇見恐怖症の人は(スケベと思われるから見てはいけない・・)と思えば思うほど、逆に見てしまうのです。

 

ジロジロ見るだけなら痴漢になる事はありませんが、相手からしてみれば「気持ち悪い」と嫌がられる可能性もあります。

また、相手が男連れの場合は「何ジロジロ見てるんだよ」と言われてトラブルになってしまう事も考えられます。

 

悪気は無いどころか、むしろ相手を気遣っているのにも関わらず、相手に誤解を与えてしまうのが脇見恐怖症のツライところです。

2ちゃんねるにも専用のスレッドがありますが、今でも症状に苦しんでいる人がいっぱいいるのです。

 

ただ、安心して下さい。

脇見恐怖症は決して治らないものではありません。

むしろ、正しい方法を実践すれば、短期間で改善出来る事もあるのです。

 

記事下にある「脇見恐怖症を1時間で改善する方法」は脇見恐怖症をはじめとする、あらゆる恐怖症を克服する為の方法です。

特別な器具や薬を使わない上に、自宅で気軽に出来るので、通院みたくわざわざ外出する必要はありません。

 

この方法を実践するかしないかは判断にお任せしますが、少なくても「脇見恐怖症=克服出来る」という事は知っておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脇見恐怖症を1時間で改善する方法

脇見恐怖症を含むほとんどの恐怖症を僅か1時間(60分)で改善する方法です。

・自宅で一人で取り組める
・特別な器具などを使用しない
・薬を使うわけでは無いので副作用もない

長年苦しんでいた恐怖症が23分で解決したなど喜びの体験も多数。
病院に通っているけど改善する兆しがない、一刻も早く克服したいという方は御参考ください。

詳しい内容を見る

SNSでもご購読できます。